食べ方色々!豚料理

豚を隅々まで食べる文化

沖縄は古くから豚料理が豊富に存在する事で有名です。それは、動物から命を頂く以上は、一部(肉)だけを食べて捨てるのではなく隅々まで食べ尽くすべきだという考え方に基づいています。その考え方のもとで様々な部位を調理してきた中から様々な名物豚肉料理が誕生してきました。メジャーなもので言うと、八重山そば・宮古そばなどの沖縄そばは脂身が多い豚肉を盛りつけるのが特徴で、麺と豚肉のハーモニーが最高です。また、皮付き3枚肉を角切りにして煮込んだ「ラフテー」という料理も万人受けする料理・病みつきになる料理として知られます。その他、沖縄のブランド豚・アグー豚はしゃぶしゃぶや焼肉用の肉としても人気で、旨味たっぷりの肉を牛肉より好む人がたくさんいます。

少し変わった豚料理について

変わった豚料理で言うと、豚の耳の皮を使ったミミガーが有名で、1990年代に沖縄出身の4人組アーテイストのPRによって広く世間に伝わりました。調理方法は色々とありますが、ピーナッツ和えのミミガーや唐揚げにしたものが特にメジャーで、唐揚げは万人うけする美味しさです。ミミガーに続いて有名なのが「テビチ」で、こちらは豚足を煮込んで味付けした豚料理になります。この料理を食べるとコラーゲンをたっぷり摂取できますので、特にアンチエイジング・美肌に強い興味を持つ女性には大変おすすめです。ちなみに、テビチに関しても煮物ではなく唐揚げの形で提供している飲食店が存在します。ミミガーに近いものとして、豚の耳の皮ではなく顔の皮を使ったチラガーもありますが、こちらは炒め物(チャンプルー)の形で食べるとミミガー同様に美味しく食べられます。

与論島 ツアーをおすすめする理由は、大人気の観光スポットがたくさんあるからです。ダイナミックな自然が残されていますので、アウトドアスポーツも楽しめます。